FC2ブログ
TOP > 山中伸弥教授
 ← 炎ジョイ | TOP | FOMA SH904i

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


山中伸弥教授 

2007年11月23日 ()
今日のマスコミ
JanJan
京都大・再生医科学研究所の山中伸弥教授らは、人の皮膚細胞に複数の遺伝子を組み込み万能細胞(人工多能性幹細胞=ips細胞)をつくることに成功した。人間の体細胞から万能細胞ができたことで、臓器や組織を補う再生医療が現実味を帯びてきた(各紙) ●国営諫早湾干拓 ...(続きを読む)


皮膚細胞からのes細胞作成、米日で相次ぎ成功
朝鮮日報
一方、京都大の山中伸弥教授の研究グループも、20日付の『cell』誌電子版で発表した論文で、細胞の分化に関する4種類の遺伝子を人間の皮膚細胞に注入し、es細胞と同じ状態にする実験に成功した、と発表した。 es細胞は、人体を構成する220種類の細胞への分化が可能 ...(続きを読む)


ドリー生みの親、ヒトクローン胚研究を断念
AFPBB News
これは、京都大学(kyoto university)の山中伸弥(shinya yamanaka)教授らが研究する手法の方がより有望と判断したため。山中教授らは、胚を使用せず、マウスの皮膚細胞から幹細胞を作り出すことに成功している。 一部の研究者によると、ドリーを誕生させるために用いた ...(続きを読む)




【ブログ「小閑雑感」】新しい再生医療が日本から? (2)
「京都大学の山中伸弥教授らの研究チームと科学技術振興機構が、生殖細胞を使わず、拒絶反応の心配もない“万能細胞”の作成に人間において初めて成功した」というものです。これは、万能細胞を受精卵から作り出すという従来の研究方向を転換させる重要な ...(続きを読む)


[科学][健康]ES細胞互換の幹細胞をヒトの皮膚細胞から作成
NHKの9時のニュースに、iPS細胞を作った京大の山中伸弥教授が生出演していた。 「スポーツが好きで、けがをしては形成外科のお世話になったことがきっかけで臨床医になった。しかし形成外科の現場は研究途上の分野が多い。新しい治療法を待っている患者 ...(続きを読む)


ヒトクローン胚研究を断念 「ドリー」誕生の英博士について
京都大の山中伸弥教授らが研究している別の手法の方が、治療用の万能細胞づくりには有望だと判断したためという。 ウィルムット博士は今後、山中教授の業績を参考に新たな研究に取り組むとみられるが、クローン研究のパイオニアの方針転換は、世界の研究 ...(続きを読む)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 08:00] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 炎ジョイ | TOP | FOMA SH904i

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。