FC2ブログ
TOP > 繊維廃棄物の再生方法を探る 京都工芸繊維大で国際シンポ
 ← <トランス脂肪酸>日本人の摂取量「外国に比べ少ない傾向」 | TOP | みなとみらい万葉倶楽部で2周年感謝祭-特設ビアガーデンも

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


繊維廃棄物の再生方法を探る 京都工芸繊維大で国際シンポ 

2007年06月22日 ()
ゲルマONAKAシェイプキャミソール オシャレキャミ&ショーツなのに本気のダイエット用下着なん...
 繊維リサイクルの現状や技術について研究者、企業関係者らが話し合う第1回「繊維リサイクル国際シンポジウム」(繊維リサイクル2007組織委員会主催)が20日、京都市左京区の京都工芸繊維大で始まった。リサイクルが難しいとされる繊維製品の新たな再生方法の開発を目指し、意見交換する。
 日本国内の繊維廃棄物は年間約230万トンで、このうち自動車内装材用の綿や中古衣料としてリサイクルされるのは1割程度。より安価な代替品が輸入され、リサイクル需要は減少傾向にあり、多くが焼却・埋め立て処分されている。また、繊維製品の多くは綿やポリエステルなど素材が混合し、再生が難しいという問題もある。
最新エステ情報は・・・エステランキング

 シンポジウムには、日本や米国、ドイツ、英国の研究者ら約100人が参加。米国のカーペットリサイクル研究の第一人者であるジョージア工科大教授のユージン・ワン氏は基調講演で、繊維製品の流通がグローバル化している現状を指摘し、「繊維リサイクルにも国際的な協力が必要である」と訴えた。
 日本からは東レと帝人がそれぞれ、ナイロンとポリエステルを回収し、作業服やスーツにリサイクルしている事業を報告。また、シルクをプラスチック強化材にする方法や新開発の繊維リサイクル用破砕機などについての報告もあった。
 シンポジウムを企画した京都工芸繊維大大学院の木村照夫教授は「企業と研究機関の連携を深め、繊維廃棄物の再生方法を増やし、リサイクルを進めたい」としている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【送料無料】ヒドロス 3個セット 家に一台あると絶対便利♪ 料理にお菓子に大活躍まちがいナシ


◆エステ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆エステ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.22(Fri) 10:44] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← <トランス脂肪酸>日本人の摂取量「外国に比べ少ない傾向」 | TOP | みなとみらい万葉倶楽部で2周年感謝祭-特設ビアガーデンも

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog002115.blog104.fc2.com/tb.php/204-ac203d48
 ← <トランス脂肪酸>日本人の摂取量「外国に比べ少ない傾向」 | TOP | みなとみらい万葉倶楽部で2周年感謝祭-特設ビアガーデンも

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。